企業に潜むスパイ達

最近では、高齢化が進み人手不足の企業がとても多い状況が続いています。
新入社員が少ない状況や入ってもすぐに辞めてしまうなど長く続かないことなどの問題があり、中堅社員の負担が増えている企業が多いのではないでしょうか?
せっかく入った新人を育て、やっと仕事を覚えて一人前になったと思ったら、辞めてしまうなどの手間や負担が増加してしまうなど非情に困った状況です。
そんな中、即戦力を取り入れる為に専門的な知識や経験を持つ派遣会社なども存在します。人手不足を解消するために派遣社員を取り入れている企業は沢山あるのではないでしょうか。
昔と違い派遣会社に登録しておけば簡単に仕事が見つかる時代です。しかし、その分、リスクも多数存在します。
派遣社員をどこまで信用して仕事を任せるか、責任はだれが受け持つのかなどです。派遣され会社内に簡単に潜入できるということは、企業スパイとしても潜入することが簡単と言うことです。派遣会社を通して潜入するスパイ達は沢山います。長い間、信用を積み重ね、重要な仕事を任されるようになり、情報を盗んで行くスパイが実際にいるのです。企業側としては中々見抜くことはできません。
スパイ達は給料をもらいながらも情報を盗み、他国に売り付けたりしています。
最悪なケースは同業社に情報を売り付けて新作品などを横取りするなどして倒産に追い込まれた企業までいます。
派遣会社を取り入れないと仕事にならない企業が山ほどありますので、どこまで信用できるのかどこまでの仕事をさせらるるのかなどの線引きも必要になります。しかし、すべての派遣会社がそんな悪い集団ではないです。まじめに努力して業績を上げている会社も多数存在しています。見極めが大事だということです。取り入れる際は最悪のケースも考えて下さい。