スパイの種類あれこれ

一概にスパイといっても様々な種類のスパイがあるのをご存知だろうか。この文章ではその一部のスパイの種類を紹介したいと思う。
まず代表的なものに駐在工作員が挙げらる。敵国側に継続的に駐在し諜報活動を行うものだ。
次に二重スパイがある。これは母国の諜報機関に属しながらも他国の諜報機関にもパイプがあるスパイのことである。
破壊工作員もまた一種のスパイと言えるだろう。よく映画である他国の地下設備の破壊や独裁者の殺害や誘拐などを行うスパイといえばイメージがわきやすいだろう。彼らは限りなく困難な任務を類い稀ない身体能力と頭脳経験を用いて遂行し、遂行後自国の基地まで帰還することをなりわいとしたスパイである。
次にモールと言われるスパイも存在する。彼らはもぐらとも呼ばれ長期潜入スパイのことである。
働きとしては長期的に他国の諜報機関に潜入し他国の情報を自国に流すわけだが彼らには大きなリスクがつきまとう。常時敵国に潜入することからスパイであることがバレたら命を奪われる可能性が高いからだ。しかし敵国側にしたら他に潜伏している可能性の高いモールの存在を明らかにし一網打尽にするとともに逆に敵国の情報を吐き出させるチャンスともなる。